世の中には旅人として生活している人がいます

旅人として生活するってどういうこと?野宿とかサバイバル的な旅? こういった疑問を持たれた方は多いんじゃないでしょうか。 しかし、その疑問は間違いです。中にはそういった人もいるかもしれませんが、旅人は決してお金を持っていないわけではありません。 むしろ、定住して働く人よりも持っている可能性だってあります。 だからといって、旅人が全員お金持ちということでもないのです。 ならばどのようにして生活しているのかと言うと、旅人は旅人だからこそできる仕事や旅人でもできる仕事をして旅をしています。 現地でしか撮れない写真を撮って販売したり、そこでしか味わえない体験談を文章にして売ったりと、定住しなくてもできることをしているのです。 気楽に旅をしながら生活なんて羨ましい、そう思ってしまいますよね。

旅人にはどんな仕事があるの?

「旅人になろう」そう思われた方がいるかもしれないので、旅人の仕事をご紹介しますね。 基本的に旅人に多いのはフリーランスの仕事をしている人です。 ライターやデザイナー、カメラマン、プログラマーなどパソコン1台、カメラ1台あればできる仕事なので、その仕事を選ぶ人が多いです。株やFXなどの投資で生計を立てる人もいます。リスクの高い選択肢ですが、豊富な知識と経験によって旅を成立させることができます。 その他にも、企業の依頼で旅をしている、という人もいます。体験したことをSNSにアップしたり記事を作ったりと、企業の宣伝活動を目的とする仕事です。 このように、旅と仕事を掛け合わせることは、少し工夫をすればできることです。 まだ誰もしていない、新しい方法も探せばあるかもしれませんね。