宿泊先の環境をできるだけいつも通りにしてみよう

旅先の宿は、いつも寝ている家の寝室とは環境が異なります。普段はベッドで寝ている人が、急に和室で布団で寝るとなると、慣れないせいで眠れないこともあるかもしれません。 旅先で眠れないという悩みは意外と多いものですが、まずはできるだけ普段に近い環境にしてみることで眠れる場合があるのです。 枕が変わると寝にくくなるケースもあるので、マイカーでの旅であればいつも使っている枕を持参してみましょう。電車では枕は荷物になるので、その場合バスタオルを普段の枕に近い高さに重ねて寝る方法もあります。 浴衣やホテルのパジャマでなく、普段寝るときに着ている服を持って行って着るのもひとつの方法です。お気に入りのタオルケットを持って行くのも良いですね。 寝る格好や肌に触れる物を普段通りにするだけで、リラックスできて眠りやすくなることでしょう。

快眠のために持って行きたい生姜湯パックや音楽プレイヤー

旅先では気持ちが高揚することも、眠れない原因のひとつです。 ワクワクして寝付けないときは、気持ちを落ち着けることが大切と言えるでしょう。 そのための方法として、音楽プレイヤーを持って行って好きな音楽を聴いてみる対策もあります。バラードなどを聞けば気持ちの高ぶりもおさまって、静かに眠れるのではないでしょうか。 また寝る前にホットミルクや生姜湯を飲むのも酔いですが、なかなか旅先でホットミルクを夜に飲むのは難しいかもしれません。おすすめは、生姜湯のパックです。湯のみに生姜湯の粉を入れてお湯を注ぐだけで出来るので、民宿でもビジネスホテルでも飲めるでしょう。身体も温まりますし、優しい甘さに安堵を覚えてウトウトしてきそうです。