車での犬との旅で気をつけること

車で旅行に出かけた際に、レストランでご飯を食べるからとペットの犬だけを車に置いていくのは大変危険です。なぜなら、夏の間ですと少し車に置いてきただけでも犬は熱中症になってしまう恐れがあります。犬は人間に比べ、暑さに弱いので注意が必要です。また、車での休みなしの長距離移動も犬にとって、あまり良くありません。車というなれない場所でトイレを我慢してしまう場合もありますし、あまりにも長時間乗っていると酔ってしまうこともあります。目安としては~2時間くらいの間隔で休憩をいれるのが理想です。もしも、犬が車に酔ってしまったら、早急に車を止めて、外に出してあげてください。このように充分注意して、ペットの犬との旅を楽しんでください。

犬との旅の宿泊先について気をつけること

宿泊先に関して気をつけることですが、まずペット可の宿でなければならないのは、もちろんです。宿泊先によって泊まれるペットの条件も変わってきます。条件の中には中型犬以上の宿泊を認めていない宿もあるので注意しましょう。宿を予約する前に、どういった犬の条件が設けられているか確認することは必須です。また、条件を満たしているからといって、宿泊先で好き勝手やってもいい訳ではありません。他の宿泊客に迷惑がかからぬよう、あらかじめ躾ておく必要もあります。例えば、犬に無駄吠えなどをさせないようにしておいた方が良いです。何か、心配する点がありましたら、宿泊先に直接電話をして聞くのが一番良い手段でしょう。是非、充分気をつけて犬とのお泊まり旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。